高校生

志学の杜イメージ 志学の杜イメージ

学習ポイント①

現代文は「センス」が無くても大丈夫!

大学受験の国語には、「現代文」「漢文」「古文」の3つがあり、その中でも最も配点の割合が高いと言われているのが「現代文」です。
これにはいくつか理由がありますが、「漢文」と「古文」は暗記することがベースになっており、努力すれば独学でもある程度のレベルには達することが出来ますが、現代文は読解力が求められ、難易度が高いことから割合が高いと言われています。

実際に志学の杜に入塾を検討する学生さんでも「現代文」は何を勉強すれば良いのか分からないという生徒さんが多いように感じます。
良く言われていることですが、現代文を解くには「センス」が必要で、センスのない人はどんなに説明しても理解できないという風に言われています。

しかし、これは間違いです。
センスのある人とない人がいるのは事実です。
ですが、センスのない人が現代文の実力を身に着けられないことはありません。
現代文は勉強法が難しく、独学や国語に精通していない講師のもとでは伸びにくいのですが、正しい読解法を学ぶことが出来れば、しっかりと実力を伸ばすことが可能です。

志学の杜イメージ

学習ポイント②

志学の杜の塾長は国語のスペシャリスト

現代文を解くには「センス」が必要で、センスのない人はどんなに説明しても理解できないという風に言われています。

しかし、これは間違いです。
センスのある人とない人がいるのは事実です。
ですが、センスのない人が現代文の実力を身に着けられないことはありません。
現代文は勉強法が難しく、独学や国語に精通していない講師のもとでは伸びにくいのですが、正しい読解法を学ぶことが出来れば、しっかりと実力を伸ばすことが可能です。

ただ、大学受験は現代文だけではありません。ほかの教科もあります。
おそらく、受験勉強に費やせる時間のうち、現代文の勉強に使える時間は全体の1割程度でしょう。そうなると、効率よく勉強を進める必要があります。
志学の杜の現代文読解の授業を週1日受講していただくだけで、大学受験の現代文の勉強は一通り網羅できます。他に参考書や塾に通う必要はありません。

本気で現代文を何とかしたい人、ぜひお越しください。

 現代文の勉強法は難しいが、必ず伸びる

学習コース・時間割

学年 コース名 教科 曜日 時間帯 月額受講料 定員
高校生 現代文読解Ⅰ 現代文 火曜日 20:40 ~ 22:00 1講座 11,000円(税込) 各12名
現代文読解Ⅱ 木曜日
現代文読解Ⅲ 木曜日
学年 コース名 教科 時間帯 月額受講料 定員
中・高生 国語読解・現代文読解
マンツーマン個別指導
国語・現代文 60分×月4回 22,000円 各5名
90分×月4回 27,500円

時間割

※小中学生対象の「弱点補強・特訓演習」は、通常授業の学習の理解を更に深めるために、復習中心の演習指導により、学力を高めます。
単独での受講はできません。難関高校合格コースとのセット受講となります。
また、週1回90分で1教科指導となります。中3生では、入試対策の内容も含めていきます。

高校現代文読解のⅠ・Ⅱ・Ⅲはレベル別となっています。どのレベルでの受講がよいかは入塾面談の時にご相談ください。
上記の学費は消費税込みです。また、教材費・施設費・冷暖房費なども含めたものです。
月により授業回数は異なりますが、授業料は変わりませんので予めご了承ください。

志学の杜イメージ

中学国語読解 / 高校現代文読解コース

独自の読解指導法による現代文読解の力を高める授業です。 他塾では絶対に学べない授業内容で、確実に読解力を高めていきます。

保護者の方へ

大学受験はこれまでの学生生活の集大成ともいえる、お子様にとって人生最初の岐路だと言えます。
保護者の方も「受験生の親」の立場として、大変な時期だと思います。
よく聞くお話では、お子様の「勉強に対する姿勢」や「生活態度」「交友関係」に対して、悩んでいる方が多いようです。
高校生は大人と子供の両面を持っており、受験生としてのプレッシャーも中学生とは違い、しっかりと認識しています。
ですから、このように接するべきということは無いのですが、一つだけお願いしたいのは「受験生の親」ではなく「受験生」の立場で少し考えてみて下さい。
そして、手を差し伸べるべきところは手を差し伸べ、見守るべきところは見守ってあげてほしいと思います。